Magentoエクステンション/モジュールの導入

Magentoは、エクステンションを導入することで、その機能を拡張することができます。エクステンションはモジュールとも言われていて、無料のものもあり、ちょうどWordPressのプラグインと同じようなものです。Magento2でのエクステンションのインストールは、主に以下の三つの方法があります。
Magento Marketplaceにてエクステンションを購入し、管理画面Setup Wizardからインストールする方法、他の販売サイトからダウンロードしたファイルをMagentoの指定フォルダへアップロードする方法、また、Composerを使ってダウンロード/インストールする方法です。

Magentoエクステンション/モジュールの導入・インストール

Magento2 エクステンション-インストールの三つの方法

最も簡単な方法はMagento Marketplaceでの購入ですが、最も推奨されているのは、最も難しいComposerを使ったインストール方法です。

Magento おすすめエクステンション

Magentoのエクステンションは、種類も数も、とてもたくさんあります。無料のものも、高額のものもあります。
どのエクステンションが必要なのかは、ある程度サイトを構築/運営していく流れの中で、自然とわかってきます。
はじめからあれもこれもと購入せず、エクステンションの導入は最小限にとどめるのが、Magento攻略のコツです。

Stripe連携エクステンション

Stripe連携エクステンション

$99 USD –

Stripeは多通貨での国際クレジットカード決済や、Apple Pay、Andoroid Pay、Bitcoinなどに対応したフィンテック系のオンライン決済代行会社です。二人のアイルランド人により設立され、大手IT企業の融資を受けて成長しました。2016年に日本でも正式サービスをスタートし、現在、Alipay(支付宝)やWechat Pay(微信支付)など中国大陸の決済にも対応しています。そのため、中国に銀行口座を開いたりすることなく、Stripeのアカウントだけで中国向け越境ECの標準決済として機能します。

Stripe連携エクステンション(Marketplace)
Magento WordPress連携エクステンション

WordPress連携エクステンション

無料 –

FishPig社のMagento WordPress連携エクステンションは、M1.9系の時代から基本機能は無料で提供され、世界中で圧倒的な支持を得ています。この連携エクステンションをインストールすると、Magentoのストアデザインを共有しながら、サイトのブログ記事をWordPressで書くことができます。また、有料のアドオンを入れると、WordPressのコンテンツをMagentoルート直下に表示できるので、サイトのCMSをWordPressに置き換え、Magentoは純粋にEC機能のみとすることも可能です。

WordPress+Magento連携エクステンション(FISHPIG)
Magento-eBay-Amazon連携エクステンション

Amazon & eBay連携エクステンション

無料 –

こちらも世界中のMagento利用者から支持されているM2E社の連携エクステンションで、Amazon USA や、eBayのマーケットプレイスの商品情報をMagento2本体に取り込んだり、各プラットフォームの受注や在庫数をリアルタイムで同期化することができます。すでにAmazon USAやeBayで越境ECをしている企業にとっては、革命的なツールと言えます。はじめの60日間は無料お試しで、以後、月$10,000米ドル以上の売上から、定額の月額利用料のみが発生します。

Amazon & eBay連携エクステンション(Marketplace)
Magentoメールマーケティング

Magentoメールマーケティング

無料 –

メールマガジンのことを英語でNewsletterと言います。Magento2はその代表的な配信プラットフォームMailchimpやdotmailerと、ユーザーの購読状態を同期することができます。ニュースレターだけではなく、受注状況などもメール内の文面に自動で取り込み、アップセールメールのように活用することもできます。また、Magento2のすべての受注処理メールを、MailgunやSendGrid、Amazon SESなどの外部SMTP(メールサーバー)を使って送信することもできます。

Magentoメールマーケティング(Marketplace)
ChatサポートMagentoエクステンション

Chatサポート連携エクステンション

無料 –

ECサイトの接客は、メールや電話よりもチャットでのサポートが主流になりつつあります。グローバルに利用されているチャットアプリとしては、WhatsAppとFacebook Messengerの二強状態で、特にMessengerは企業のECサポートオプションを意識して開発されています。Magentoでは、やはりエクステンションを導入することでチャット画面をサイトに表示し、ユーザーからの問い合わせにリアルタイムで対応できるようになります。また、zendeskなどのプラットフォームとの連携も可能です。

Chatサポート連携エクステンション(Marketplace)
MagentoエクステンションStore Manager

Store Manager for Magento

$299 USD –

Store Manager for Magentoは、大量のデータの扱いが可能となるeMagicOne社のベストセラーエクステンションです。Magentoは商品数が数万あっても問題なく動きますが、管理画面からの操作だと商品の一括変更などができず、不便です。このStore Managerは、Magentoのデータベースにアクセスして、商品、顧客、注文などのデータを一括で編集することができます。また、アドオンの購入で、Magentoの商品データをAmazonやeBayの商品データ形式へ一括で書き換えることができます。

Store Manager for Magento(eMagicOne)
Magento Marketplace

Magento Marketplaceでは、Magento2系の多くのエクステンションが販売されています。Marketplaceに掲載されるものはMagento社のレビューを通過したものですが、導入にあたっては、実際のユーザーからの評価を参考にし、対応バージョンを確認するようにしてください。
Marketplaceで購入したエクステンションは、Web Setup Wizard経由か、ファイルをFTPでアップロードするか、一般的に二つのインストール方法があります。

Magento Marketplaceでエクステンションを見る
Magentoマルチストア

Magentoマルチストアの設定

一つのMagentoで複数ストアを構築することできるので、SEO的に有効なURLを維持しつつ、多言語ストアを最小コストで運営できます。

Magentoマルチストア
Magento多言語化

Magento多言語化と翻訳

Magento言語ロケールで基本機能の多言語化が可能です。コンテンツの翻訳は、APIの利用でMagentoと翻訳のシステムを連携することができます。

Magento多言語化と翻訳
Magento2アップデート

Magento2アップデート

ComposerによるMagento2のアップデート方法を動画で解説しています。初心者のかたは、コマンド作業に慣れるための参考にしてください。

Magento2アップデート

フォーラムで質問しよう!

Magentoの構築/運営でわからないことは、フォーラムに無料登録してなんでも質問をしてみよう。

Magentoフォーラム登録